住宅ローン審査が通らない理由・ケース

住宅ローン審査に落ちる理由さまざま

 金融機関の基準にもよりますが、住宅ローンの審査通らない理由として4つの理由があります。

申し込みした人の年齢や健康状態も審査の対象となっていきますが、債務状況や返済額なども関係してきます。 まず、申し込みした人の年齢の対象というのは70歳から80歳までとなっています。 住宅ローンの借り入れ年数や現状によってもまた変わってきますが、この対象年齢に当てはまっていなかったら住宅ローンの審査に通らない可能性があります。

また、債務状況についてですが、住宅ローンとは別にキャッシングやカードローンなどの返済が過去に怠っていた過去がある場合には住宅ローンの審査に通らないこともあります。 どんなローンにしても借り入れをしているからには毎月しっかりと返済をしておきましょう。 そして、健康状態についてですが、住宅ローンというのは長期にわたっての返済になるわけなので、健康な身体であるかどうかが大切になってきます。

それだけではなく、他にも住宅ローンの借り入れと一緒に加入しなくてはならない団体信用生命保険に入れなかった場合も住宅ローン審査通らない理由になることもあります。 充分な自己資金がない状態では審査に通らない場合は返済負担率が高くなってしまいます。

ですから、自己資金がない状態よりもあった方が審査にも通りやすいかと思います。 一社で住宅ローン審査通らない理由にされたとしても、同じ条件で違うローン会社に申請をしたら通ったという事例もあります。 ですから、審査に通らなかったとしても、諦めないことが大切かと思います。 もちろん、いくつもの住宅ローンの会社に申請をするのは逆に不審に思われることもありますので、大体3社ぐらいで留めておくのが良いかもしれません。 そのぐらいの数を申請して、住宅ローンの審査に通らないということは原因がありますので、その解明や改善をするのが大切です。

審査の対象となる年齢に当てはまっているのか、過去の返済で滞納したことはあるのか、現在、住宅ローン以外で借り入れをしているかなど、ありとあらゆる可能性を想定して、解決できる点は解決していきましょう。 せっかく住宅ローンを申請するのですから、審査に通るようにできる限りのことはしておくと良いかと思います。 もしも、勤めている会社でメインバンクがあるのならば、そこで住宅ローンの申請をした方が通りやすいそうなので、そこで申し込んでみるのも良いかもしれません。

Copyright (C) 住宅ローン審査に通らない事例 All Rights Reserved